タックルはレンタルで

船から見える海の景色

のんびりした休日を楽しむべく、柔らかな日差しがそそぐ海辺で釣り糸を垂れる……そんな場合の釣り竿、釣り糸、釣り針はノーマルなもので大丈夫でしょう。本でも読みながら片手で釣り上げるような、ちょっとした獲物を狙うには普通の釣り具で充分なのです。しかし、ここで取り上げる明石ジギング鯛ラバの場合は少し違います。
タックル(竿、針、糸などを組み合わせた道具一式)は特別なものを用意する必要があります。
何といっても、明石ジギング鯛ラバで狙うのはアジやタイといった大物たち。しかも海の深い部分を泳いでいる力が強くて頭が良い大物たちです。
普通の針では難なく引き抜かれてしまうことも考えられますし、糸は切られるかもしれません。引きが強すぎてリールはうまく回らないかもしれないし、負担に耐えられず竿が折れてしまうということだって考えられます。アジやタイのパワーに合わせた特別なタックルをそろえてこそ、明石ジギング鯛ラバは楽しむことができるのです……が、「フィッシングに情熱を抱いてるわけじゃない、単に休日のレジャーの一環として明石ジギング鯛ラバを楽しみたい」という人にとって、特別なタックルをそろえるのはなかなかハードルが高いでしょう。
もちろん、大丈夫です。そんな事情を、明石ジギング鯛ラバの船を出してくれる業者ではちゃんと心得ています。
ジギング、鯛ラバに最も適していると思われるタックルをあらかじめ用意して、申し込みに合わせて貸し出してくれます。レンタルでタックルを用意することができるのです。
これで、初めての明石ジギング鯛ラバも、しっかりと楽しめるでしょう。